ラディッシュの花・実、種の採取と2代目ラディッシュの種まき

ラディッシュの花・実・種の採取 二十日大根(ラディッシュ)

 

プランターで野菜作りに挑戦中のぷらです。

1年以上前に、はじめてプランター菜園で挑戦した思い出のラディッシュから種が採れたので2代目ラディッシュの種を今回蒔いてみました。

ラディッシュの花は3月に入って咲きました

ラディッシュ(二十日大根)の花

 

大根の花の開花期は4月から5月くらいみたいですが、このラディッシュの花は3月に入り咲き始めました。(上の写真は満開のピークを越えて撮影:風であっという間に花びらが飛んでしまいました)

小さくてかわいらしい花です。

ラディッシュの実

ラディッシュ(二十日大根)の実

 

こちらがラディッシュの実(枯れています)6月に入りラディッシュ自体が大きくなりすぎ自立できなくなり倒れ、梅雨入りの大雨などで根が腐ってしまい、枯れてしましました。枯れた実にナメクジがたかっていました。みると鞘に穴をあけて種が食べられておりました。

ラディッシュの実から根がでている

ラディッシュの実から根が出ている

こちらは実のなかの種から根が出ている様子。やはりこの実(鞘)のなかに種が入っているようです。

種の採取と実ごと土に植えてみる

二十日大根の実

鞘から種を採りだしていたのですが、1つの苗だけでも結構な実がついていて、いよいよ面倒くさくなり、それなら実ごと土に植えてみたら発芽するかどうか試してみることにしました。

 

ラディッシュの実をそのまま土に植えてみる

手前が種を直まきして奥がわに種の入った鞘を丸ごと植えてみて発芽状況を比較しようと思います。

 

自分で育てた野菜から種を採ってまた植えるというサイクルを繰り返すのは家庭菜園における目標の1つです。

2代目ラディッシュは無事発芽するでしょうか?

経過を観察していきます。

ラディッシュの花・実・種の採取【YouTube動画】

Translate »
タイトルとURLをコピーしました